「Who Killed The Nip's 」 25th Anniversary Memorial Album
25周年記念にて、準備を進めてまいりました
The Nip's 新作
「Who Killed The Nip's 」

今月末にリリースをいたします。

皆様、是非、よろしくお願いいたします。


623.jpg


①Baby You Donot Worry
②Return to Roots
③I WANNA BE SEDATED
④DOKURO ROCKS
⑤ We Are THE NIP'S

雷神レコード
スポンサーサイト
RAIRECO通信 Vol.106
The Nip's 25周年記念のスペシャルインタビューということで、
今回は、SEKI。
最もインタビューし難いが、さて、本音トーク聴けるのか !?


【INTERVIEWED : D磯川 / 場所 : 東武足利市駅付近 純喫茶 篭手山】


◆バンド25周年っていう事で、ひとまずは、おめでとさん。

SEKI : サンキューね !
関わった人達にも、ありがとーねーって思ってるよ。

◆元々、NAKAOとは面識があったのか ?

S : いや、NAKAOはKIMURAが連れてきた。
SuSuMuはNAKAOが連れてきた。
俺達は、別々にバンド演っていたが、その頃は、演ってなかったので、個人的には飢えていた (笑)
知り合いの知り合い・・という具合で集まって、このバンドをはじめた。
91年の頃だったが、世間的にはバンド・ブームがひと段落 ? いや、終わっていた頃だな・・。

◆当時から、バンドは、今の様な感じだった ?

S : ・・・って思うね。
確か、このバンドの初LIVEは92年の秋位だったけど・・
世界的に、世間的にも、ロックミュージックのトレンドが移り変わる狭間の頃だったと思う。
俺は、皮ジャン着て演る様な、ジャパニーズ・ロックンロールが好きなんだけど・・
演れる様な店を探したりさ・・・、 色々な界隈に精通している人に
「・・ちょっと前に、あったね・・・」的な言われ方でさ (苦笑)
ロックミュージック = 時代の鏡  ってのを、初めて気にした頃だったな。
Evry Day 「 I Don't Care ! 」 って強がっていた感じだね・・ (苦苦笑)

◆好き・・なだけじゃ、続けられない ?

S : 基本的には、いちロック・ファンだから。
最悪、リスナーとしてでもロックに参加していたい。
幸せな事に、演れる環境に居られ続けているので、ホント、感謝ですよ。

◆もう少し、詳しく話して ?

S : バンドを去っていた奴等は、環境的に続ける事が出来なくなった訳で・・
当然、理解と尊重をしたわけよ。
その際に面倒なのは、編成等の変更作業・・。
しかし、割と毎回、うまく作用して・・ やる側としては、新鮮味を維持して、転がり続けてきた・・
ラッキーだったと思う。

◆TAGAWAは、どこで、どーなって加入したの ?

S : 2000年頃かな・・
NAKAOが当時、Drでさ。
アイツ、バイク事故で、長期入院って事になった。
その前年から、連チャンで、VA.CDリリースしてさ、LIVE本数が、ぐっとUPされて・・
年間スケジュールも確定されていった。
俺等にしては、LIVEキャンセル~って、しづらい環境だったんだよね。
TAGAWAの事は、知っていたけど、連絡先は知らないしね・・
色々、つてを頼って、Help Us !! って感じでね・・
その年は、それで、こなした。
そのうち、SuSuMuが辞めるって事になり、NAKAOがベースで、TAGAWAが加入した。

◆以前のメンバーと遭ったりしているのか ?

S : 先日の5月のLIVEに、SuSuMuが来てくれた。
単純に嬉しかったよ ! 10年ぶり ? 位だったな・・
KIMURAも昨年、LIVEに来てくれた。  なかなか、飲みに行こう・・って事にはならないが (苦笑)
ISOは、暫く、遭ってないなぁ・・
まぁ、ヤツは、セックスピストルズでいうところの、ウォーリー・ナイチンゲールみたいな感じなので・・(苦苦笑)
予期しないところで、ばったり、遭うかもね。

◆今回の25周年記念のレコーディングの状況は ?

S : 歌入れまで終わっている。 今月後半に、コーラス等、録りを終える予定。
いい感じたと思うね。  今までの感じとは大分、異なるよ。

◆いつ頃だすの ?

S : 知らない (苦笑)

雷神RECORD : 10月末を予定しています。

◆今年は、アニバーサリー・イヤーなのに、LIVE少ないが、今後、どーするの ?

S : 今年は年頭から、数は出来ない・・って事は分かっていた。
出来る事を演ろう ! という事をメンバーと話していた。
事務所側も、配慮しながら、挑戦をし続けたい・・って言っているので (苦笑)
うまい具合に、転がり続けますよ !!

622.jpg
RAIRECO通信 Vol.105
The Nip's 25周年記念のスペシャルインタビューということで、
今回は、NAKAOへ取材。
ネタを整理して待っていると、彼の声が聞こえてきた・・

【INTERVIEWED : D磯川 / 場所 : JR鹿沼駅付近 餃子 りんりん 鹿沼店】


どーも! 、 どーも!! 、 どーも !!!
何時頃に来たの? 道すいてた? ・・ ets

◆ベース録り終わったんだって ? 今回は、どんな感じ ?

NAKAO : 今回はリズム隊同時録りでBaになってからは、初試みだったかな。
長年一緒のメンバーだから変な、緊張感はなかったかな。
お互い、リハやライブでもプレイしてない、オカズが飛び出してきて (苦笑)
レコーディング = その時のバンドの旬曲。
ライブで揉まれて一体感が増してきている。
その時のバンド状態もくっきりと表すと思う。
楽しい、レコーディングだったかもね。

◆NAKAOにとって、近年は、忙しかったんじゃないかな ?

N : 去年からドラムで THE SS に参加したり、
ごく、プライベート的な事で、色々、忙しい最中ではある・・・。
しかし、今しか出来ないこと沢山あるからね・・・。
長年続いているバンドだからね・・
都度、訪れる、バイオリズムと向き合って、演るしかないよね。
まぁ、メンバーには感謝してますよ。

◆元々、バンドを演るという、きっかけとなるイマジネーション的なバンド、ナンバーは ?

N : 高校の頃か・・。
BOØWY 、BARBEE BOYS 、LAUGHIN' NOSE 、JUN SKY WALKER(S) 、KENZI & THE TRIPSが、好きでさ。
THE BLUE HEARTSのコピバンを演っていたんだよ。
割と、その辺りから、深堀してね・・モッズ、スタークラブへと移るが・・
とにかく、セックスピストルズは、衝撃だった。

◆・・・。 資料には、その前に、オフコース 、安全地帯ってあるが・・ ?

N : まぁ、それも、そーだね (苦笑)

◆バンド(ロック)も、そーだけど、バイクにも影響受けてるだろ ?

N : バイクは相当にあるね。
とにかく16になったらバイクに乗りたくてさ。 時代もブーム真っ盛りだったしね。
ちょうど、80年代中頃はバイクブームでね・・
全国、様々なところも走ったし、色々な、車種等から、色々と教わったよ。

◆映画なんかも、同様か !?

N : ロック、バイク、映画と、カルチャーやマインドはつながってるよね。
自分の中では切っても切れない関係。
好きな映画はアメリカンニューシネマ全般、ロードムービー的なヤツ。
キューブリックなんかの、ラストは切ない感じは良いね。
ロックに関するような作品だと、ブルースブラザーズ、アメリカングラフィティ、さらば青春の光、R&Rハイスクール、狂い咲きサンダーロード・・・きりないね (笑)

スターウォーズが、好きでさ !! ・・・・・ ets

◆自身のフェイバリットな、レコードなんか教えてくれよ ?

N : う~ん、迷うね。。 1枚 ?
『 Never Mind the Bollocks 』 になるね!!

L.A.M.Fもいいねぇ・・ 、ラモーンズマニアもいいねぇ ・・
・・・ ets

◆ ・・・ そろそろ、最後だけど・・ 、今後の事について教えて ?

N : 自分の中にあるバンド、ロックに対する理想像。
衝動的な気持ちが、続く限りやっていきたいね。
格好つけてなんぼだろ!!

621.jpg
RAIRECO通信 Vol . 104
今回は、TheNip's 25周年記念のスペシャルインタビューということで、
各メンバーに個別のインタビュー取材を試みた。
バンドに対する想い、今後の事について、色々と聴いてみた。
当初、メンバー全員でのインタビューを予定していたが・・
暫くは、全員が揃わないとの事・・。
さて、どの様になるか... 全くわからないが、始めよう。

【INTERVIEWED : D磯川 / 場所 : 宇都宮JR西口付近 魚処 茂木】


どーも、遅くなりました・・TAGAWAです。
渋滞に巻き込まれて・・。 申し訳ありません。

◆25周年を迎えて、自身の気持ちは ?

TAGAWA : よくもまぁ、飽きずに続けられたもんだと思う。
多分、まだまだ満足していないし、バンドとして、良い意味で、変わり続けているから。
振り返れば、人生には良い時も、悪い時もあって、バンド活動もその波の上で揺れ続けていた。
自分だけじゃなく、他のメンバーもきっと同じだろう。
割とバンドが、心の支えとなっているからね・・、続けられるているのかも・・・。
自分の居場所という事かもね。

◆前のバンドでNip'sとは、よく対バンしていたんだよね ?

T : そーだよ。 90年代中期の頃。 割と、打ち上げも一緒だったので
メンバーの人柄は知っていた。
その頃は、まさか、一緒に演ることになるとは思っていなかったからね。
最初は、大変だったよ。 リハーサルひとつ進行のやり方が、以前のバンドとは違っていたし・・。

◆でも、すぐに慣れた ?

T : 割と居心地の良い場所に誘ってくれて、感謝している。
知り合ったナイスガイ達とミュージシャンとして、また会いたいから、ロック魂が尽きるまでThe Nip'sを続けていきたいね。
家族にも感謝しきれないぐらいだよ。

◆まだレコーディング完了してない様子だけど、今回は、どーだった?

T : 今回は、ドラムとベースをいっぺんに録る方法を俺から提案した。
狙いは、リズムの一体感を出したいから。 勢いが必要と感じた。
長年一緒に演ってきたメンバーだから、呼吸が合ってるし。
The Nip'sはテクニカルの部分よりもライブ感を大事にしたいと思っている。
25周年記念という事で、今までのレコーディングとは一味違うノリも入れてみたかった。

◆The Nip'sにとって、TAGAWAの役割って何 ?

T : ドラマーだから音の土台をつくること。
リズム、テンポを決めて、ベース、ギター、ヴォーカルが安心してドラムの音に乗れるようにすること。
と・・、思っているけど、ライブでは結構暴走してしまうね・・・。
ま、カンベンね・・・。

◆・・・・・・・・。

T : あっ、つまらない ! ?

◆うん・・(苦笑)
もっと、TAGAWAにとって、TheNip'sにとっても、何か、裏の事とか、聴きたい・・な・・(苦苦笑)

T : ・・・それから、バンドの記録収集係かな。。。
趣味的なところもバンドに持ち込んでいる。
すでに、メンバーは、人生半世紀になろうとしていて、世間一般では疲れている中年のゾーン。
でも、ステージでは持てる全ての情熱と体力をぶつけるのがThe Nip'sらしさだと思っている。
どんな人間でも、全力でぶつかっている瞬間っていうのは、輝いて見えるもんだと信じている。
だから、そんな一瞬を捉えて、残しておきたいと思う。
「誰が観るんだ!!」 って感じだけど・・(笑)
誰かが観て、何かを感じてくれたら、本望だね。

620.jpg


※TAGAWAという、人柄が顕著に出た、インタビュー。
次回から、インタビューとして、難易度が、ぐっと上がっていきます。
次回は、NAKAOにて、予定をしております。
さて、どーなるか・・・。
初めてなのさ・・ボード作成。
SEKIです。

ギターの録りを終えた時に、ふと、思った。。。

そーいえば、割と、シールド1本な訳だが・・
LIVE途中で、チューニングを確認したくなる・・
チューナー抜き差しするのが、面倒なので・・
敬遠していたが・・
知り合いのギタリストも使っている、ペダルチューナー。
使い易そうなんで・・気になっていた。。

楽器屋に行ったら、割りと高価なのに、びっくりしたんだよ(苦笑)
また、15年ぶり位に、エフェクター試奏なんか、しちゃった。。
なんか、良い感じだったので、オーバードライブも購入。
「そーいや、俺って、エフェクト・ボードって造った事ねーな・・・」

ギターはじめたのは、高校2年生のトキ。
エフェクトボードは、道具入れとして使用していただけだ。

思い切って、造ってみた。
初めての試み(苦苦笑)
おせーよ!! (苦苦苦笑)

エフェクター2個、ボード、下駄載せ用の材料・・・
「げっ、こんなに、使ってしまったのか・・・。 金がない・・・」

とほほ、、、G&Lストラト~売った・・

619.jpg

しょーがないね。。。
copyright © 2017 The Nip's Offical Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.