イパネマの娘
The Nip'sきってのメロンパン好き、ドラマーのTAGAWAです!

2012年5月12日、ミヤギグ2012の夜は、UTSUNOMIYA JAZZ CRUISING 2012が開催され、The Nip'sメンバーの慣れないジャズライブに行ったのは、先日のブログに書いたとおりなのです。

JAZZを聞きながら、ひっかかっていたのが、「イパネマの娘」という曲。

2カ所でライブを見たのですが、どちらでも演奏された曲でした。


「イパネマの娘」は、ジャズでは良く聞くよな〜、と言ったTAGAWAでしたが、はて、自分のライブラリにあったっけ?というのが「ひっかかっていた」部分でした。

で、さっきiTunesライブラリを探したら!


なんと、1曲しか持ってない!!!


あったのは、KENNY Gの「THE GIRL OF IPANEMA」だけ。




KENNY Gはサックスプレイヤーで、得意技はロングトーン

その秘訣は、循環呼吸(「呼吸の間も絶え間なく口から空気を吐き出すことによって息継ぎの無音時間をなくす演奏技法」wikipediaから抜粋)。

しっとりとした、落ち着きのある音を出す人です。


ちなみに「THE GIRL OF IPANEMA」はこのCDに入ってます。


クラシックス~キー・オブ・ケニー・Gクラシックス~キー・オブ・ケニー・G
(2005/12/21)
ケニー・G、ベベル・ジルベルト 他

商品詳細を見る




で、変わりダネではテコの「カヌマのあの娘」という曲があります。

残念ながら、YouTubeには無かった...


栃木弁でラップする2人組で、この曲はイパネマの娘のメロディーに乗せてゆるーく、栃木弁で歌ってます。

歌詞は「今日は天気が晴れてっから、あの娘に会いに行くかな、どうすっかな?やめっかな?」と続きます。

ちなみにCDはコチラ。アルバム「生きる」。


生きる生きる
(2000/01/20)
テコ

商品詳細を見る


コレ、傑作です。

栃木県人、買うべし。
スポンサーサイト
copyright © 2017 The Nip's Offical Blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.